大人にきびのできる原因

" にきび "というと思春期にできるにきびのイメージが強いですが、大人になってからできる吹き出物を" 大人にきび "と呼びます。いくつから大人にきびと呼ぶの?と思いますが、それは人によって違います。思春期ニキビは個人差があって、ほとんど悩むことなく思春期を終えた人もいれば、ほほいっぱいにニキビができて、すごく悩んだという人もいます。私が思春期のころは、後者のほうで、一日に脂とり紙を何枚も使うほど顔の皮脂が多くていっぱいにニキビができていました。いろいろ自分なりに洗顔をしたり、化粧水を変えてみたりしたのですがなかなか治らなくてすごく悩んだ経験がありあます。でも、20歳ごろには落ち着いて来たのです。・・でもすっかりきれいになったわけでなく、にきびのでき方が変わってきたのです。思春期にきびが治った代わりに、大人にきびに移行したんです。大人にきびは、皮脂が多くてできるというよりも、生理前などホルモンバランスが変化しているときや、疲れていたり、イライラしたり、体調がすぐれないときにできるものでした。 だから、ニキビができる箇所はバラバラ。 鼻の頭にポつっとできたり、あごにできたり、ほほにもできたり、おしりニキビができたりします。 そして一度できると、なかなか治らないという特徴もあります。しっかり治さないと、色素沈着を起こしてしまうにきびもありました。大人にきびができる要因は、さまざまなんだそうです。私が実感した、ストレスやホルモンバランスでできるのはもちろん、偏った食生活、睡眠不足、合わない化粧品の使用・・などです。日ごろから、レトルト食品や、カップラーメンなどをたべる習慣があったり、夜更かししたり、安価で添加物のたくさん入った化粧品などの使用はよくないのです。今一度自分の生活習慣を見直して、ニキビも一緒に治しましょう。

脱毛サロンディオーネ(Dione)であればニキビのある肌でも顔の脱毛をすることができます。

大人にきびは乾燥させないことが大事

思春期にできるにきびは、第二次性徴によるホルモンバランスの乱れによって、皮脂が過剰に分泌することでできるものなので、にきびを治す。 といったら、クレアラシルを塗ったり、プロアクティブを使ったり・・。というイメージがありますが、 思春期を終えてからできる"大人にきび" は、まったく別物なので注意が必要です。思春期のときにたくさんにきびができていた人は、大人になった今でも同じケアをしていては、いけません。さらににきびを悪化させてしまい、色素沈着を起こして、シミになってしまうこともあります。大人にきびの最大の原因は、" 乾燥 "にあるので、クレアラシルなどの、即効性のあるにきび薬は、成分に乾燥させる" イオウ "が入っていることが多いのと、にきび専用の化粧品は、皮脂を抑えるさっぱりタイプなので、逆に肌を乾燥させてしまい、逆効果になってしまうのです。大人にきびに悩む多くに方たちが、皮脂の過剰分泌によるものだと勘違いをしていて、一日に何度も脂取りがみを使って皮脂を取ったり、さっぱりタイプの洗顔でゴシゴシ洗ったり、間違ったケアをしているので、正しいケアに変えていかなければ、一生治りません。そもそも、肌にとって皮脂は悪い物ではなく、肌の表面を守ったり、水分の蒸発や乾燥を防いでくれる働きをしてくれます。しかし、多くの洗顔料は、皮脂を必要以上に落としてしまうので、洗顔にかける時間はできるだけ短く丁寧に。ゴシゴシは厳禁!なでる様に洗います。洗顔後もゴシゴシ拭かずに、やさしく抑えるようにふき取ります。最後に、保湿力の高い化粧水を手でやさしく押さえるようにつけます。その後もしっかり乳液や美容液で、水分を閉じ込めましょう。

《最新版》ニキビケアおすすめランキング※ニキビを治す方法を徹底解説

更新履歴