ホルモンと大人にきびの関係

男性ホルモンは男性にしかないもの。女性ホルモンは女性しかないもの。そういった解釈をしている方が多いですが、実は、男性にも女性にもどちらにもそれぞれのホルモンは存在します。思春期はおでこに多かったにきびが、大人になってから、あごや口の周りにできるようになりませんでしたか?これは、男性ホルモンが原因でできているもの。男性ホルモンには、皮脂全体ののおよそ半分を作っているのですが、さらに、角化細胞を増殖させ、角質を過剰に増やす状態を作ります。それは、角栓で毛穴にふたをしてしまうことにつながります。男性ホルモンは、角質を作らせることと、角質を無くさせないという悪循環を引き起こし、にきびの原因になります。しかし美肌にとって、毛嫌いされがちな皮脂は、実は無くてはならないもの。適度な皮脂が、肌を覆って外敵から守り、しっかり水分を閉じ込めるという役割も持っていますので、男性ホルモンがまったく無くなってしまってはいけません。女性ならば、女性ホルモンよりも男性ホルモンを優位の状態させないことが大事です。男性ホルモンをふやす要因は、不規則な生活、ストレスなどで、自律神経のうちの交感神経が優位になってしまって身体は緊張と興奮を起こし、男性ホルモンを分泌させます。この状態が長く続けば、男性ホルモンが優位な体質にかわってしまうことになります。すると、男性ホルモンによって本来ひげが生えるところを、女性は、にきびとして現れてしまうのです。男性ホルモンを優位にさせないためには、リラックスできる時間を作ることです。常に緊張と興奮の状態では、休まりません。少し寝転がって身体を休める時間をとったり、マッサージにかよったり、心身ともにリラックスして、美肌ホルモンといわれる女性ホルモンを優位にさせましょう。