大人にきびにレーザー治療

いわゆる10代のころにできる思春期にきびはまったくできなかったのに、20歳ごろからできる「 大人にきび 」に悩まされている人って結構多いです。そして10代のころにもち肌だけあって、大人になってからどんどん自分の肌が汚くなっていくのに、落胆する人もいます。思春期にきびが性徴ホルモンによるものであるのに対して、大人にきびはストレス、ホルモンバランスの乱れ、食生活、睡眠不足、乾燥、・・など原因はさまざまです。できる原因がぜんぜん違うものなので、もちろん社会人になってから、別人ともいえるぐらいに、大人にきびにやられてしまう人もいます。また、大人にきびは難治性にきびといわれ、一度できるとなかなか治らない。という厄介なものです。にきびについて、間違った解釈をしている人は、ブチっと潰して膿をだして治そうとしたり、一日に何度も洗顔をしてゴシゴシ皮脂を洗い流そうとしたりして、余計ににきびを悪化させたり、新たなにきびを作らせてしまうんです。ひどい場合、間違ったケアをし続けてクレーターのように、皮膚がボコボコになってしまう人もいます。もうどうしても抜け出せない大人にきびのあり地獄にかかってしまったら、皮膚科で治療することがおすすめです。皮膚科の中でも、美容皮膚科がいいでしょう。にきびに最適なレーザー治療や、フォト治療、ピーリング治療など、その人に合った確実な治療法がそろっているからです。現在進行形のにきびだけでなく、古いにきび跡までもきれいにしてくれます。通常の皮膚科で飲み薬をもらったり塗り薬をもらうのは、保険適用となりますが、レーザーなどは、実費のことが多く、治療費が高くなりますが、確実ににきびを治せるおすすめの治療法です。